2013年09月14日

巣立ち。


s130909oIMG_8704.JPG
2013年9月9日 武蔵野線 新秋津

最後まで残っていた非ワンマン新101・301系、271F。
我が地元、そして西武線から巣立っていきました。




271Fに関しては 定期運用最終日 やさよならイベントはもちろん、
方転武蔵丘入出場 など営業終了後の一連の動きを追ってきました。
締めくくりとなった今回、譲渡先まで追いかけたい気持ちもありましたが、
あえて深追いはせず、“西武からの巣立ち”の記録・表現に専念しました。
自分的には“流鉄に新車が入る西武からお古が消える”でしたので。


さて当日、深夜の送り込みから順調に(でもないけど)撮影をこなし、
場所や色調は違えど新101系2+4を地元・新秋津界隈で堪能。
解体処分じゃないし、 ついこないだ仲間の元気な姿を見てきた こともあり、
これといって感傷的になることなく撮影を楽しめました。


そして、発車の30分ほど前に新秋津のホームへ。
最後は絶っっっっっ対に西武線とのクロスを撮りたかったんです。
ただ、上りホームからは2年前の『あかぎ』で撮っているし、同業者も多数。
これはベタに行ってもダメだと悟ったクハさんは下りホームから狙うことに。
さらに、西武とタイミングが合わなかった場合も考慮し駅名標に出演依頼。
堅苦しい記録写真はイヤだし、収まりも良いので画面はナナメにセット。
程よく説明的で且つ程よく捻くれたアングルに落ち着き、いざ本番!


≪結果≫

1枚目…カマと271Fの連結面をゲット。
2枚目…後追いするも微妙に早切りで顔が欠けるorz
3枚目…頭上の気配も感じ急いでもう1枚、見事10000系とのツーショットに。
4枚目…10000系の最後尾に合わせシュート。正真正銘ラストカットです。


↑は3枚目。
(完全なシャッター押しっ放しではないにしろ)連射というのが少々悔しいですが、
西武の看板特急との最後の競演シーンをバッチリ押さえることができました。
どことなく271Fの表情も和やかですよね。



s10909oIMG_8705.JPG

そしてこちらが4枚目、西武や地元で撮った最後の271Fの写真になります。
いやホント絶妙なタイミングですよねコレ。見事な競演でした。

以後はむやみにシャッターを切らずに見えなくなるまで望遠鏡で追尾。
ゆっくりと去っていく姿に寂しさと共に達成感や安堵感も覚えました。
圧縮されてカマのパンたが271Fの前パン姿に見えたのも印象的でした。



以上が甲種当日の流れです。
263F牽引の所沢発はピンボケだったし、全体に淡々と撮りすぎた感はありましたが、
最後に西武らしい&地元らしい光景を独自の視点で切り取れて満足しています。
これぞ「終わり良ければ総て良し」、271Fの巣立ちという意味だけでなく、
私自身も新101・301系の撮影から巣立つことができました(美化しすぎ!?)

とにもかくにも、271Fはじめ新101・301系、たくさんの想い出をありがとう。
西武線に残ったワンマン車はもちろん、地方へ渡った仲間もまた会おうね〜


以上、長いだけで面白くなくてスミマセン(汗)
最後までご覧いただきありがとうございました。

posted by クハ103−560 at 20:55 | Comment(0) | この一枚、あの一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。